エントリー

グリップエンドの補修2

さて接着剤の登場です。
ファイル 162-1.jpg
弾性接着剤です、硬化して硬くなるんですが、弾性があり衝撃に強いです、
瞬間接着剤を使うと、衝撃でパキッって外れる可能性がありますので、お勧めしません。
この接着剤は、実用強度になるのに24時間程かかります、多少時間は掛かりますが、待ちましょう。
エポキシ系の接着剤をお持ちの方は、そちらを使用されたほうが強力な接着が出来ます、今回は試験的にこのタイプを選んで見ました。

接着剤をグリップ及びグリップエンドに塗ります。
ファイル 162-2.jpg
グリップ及びグリップエンドに接着剤を塗ります。
グリップエンドの底部分に多めに塗るのがミソです。

グリップエンドをグリップへ差し込みます。
ファイル 162-3.jpg
写真では良く見えないかもしれませんが(透明タイプの接着剤なので)、接着剤が
穴からむにゅ~って出てきてます、これがポイントです。
実は、グリップエンドの接着面だけではなく、この穴に入った接着剤が硬化してタッカ
の代わりの強度を確保してくれるはずです。
そんなん。、タッカをいっぱい打てばいいじゃんって言われそうなんですが、タッカをたくさん入れれば入れるほど、クラックを入れているのと同じです。
事実私は、無改造のラケットのグリップが真ん中部分で折れました、中のシャフトは折れていないのですが、グリップは粉々でした。

タッカを付ける
ファイル 162-4.jpg
はみ出した接着剤をふき取り(穴の中まではふき取らないで下さい)、タッカを元に戻します。
この状態で24時間置き、完全に接着するのを待ちます。

後は接着が確認できたら、グリップテープを巻くだけです。

余談です

硬式テニスのラケットの場合、このグリップ部分の発泡ウレタンを削っていくと、バランスウエイトが出てきます。
フレッシュテニスのラケットは解りませんが、市販のテニスラケットはここのバランスウエイトの位置を調整して、スイングウエイト(*1)を調整するようです。

*1:スイングウエイト

スイングウエイトとは、グリップエンドから見たヘッド部分の慣性モーメントのことです、テニスラケットの場合はスイングウエイトを使います。
測定方法や計算式は違いますが、慣性モーメントの算出という点ではスイング指数と同じような物だと思っていただいて結構です、測定はスイングテスターにより行なわれます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着エントリー

音ズレ
2020/08/11 11:51
サイト更新にゅ~す
2020/08/01 22:22
ううっ、頭の中がぁ
2020/07/11 16:13
だあああぁぁ
2020/07/09 16:32
もう一つ忘れてた
2020/07/08 08:58

新着コメント

Re:2017ふれまにっ杯募集
2017/01/30 from tatsuru3284
Re:ついに
2016/03/18 from redinpules.stt.TV
Re:ついに
2016/03/17 from Tatsuru
Re:ついに
2016/03/17 from redinpules.stt.TV
Re:県オープンの余韻
2016/02/18 from Tatsuru

過去ログ

Feed